ブログ ~種子島幸せ移住計画~

移住したて 民宿開拓地にて
2009年7月 ~移住したばかりの頃の写真~
種子島の最南端に宿泊施設を手作りしちゃった!

馬小屋だったこの場所を整地、建築し宿ができました!

種子島民宿 はぴすま オーナー夫婦のふたり言。

ブログ

もう6月!台風くるのか?

どもども、しおりです。
あれ?6月まだブログやってなかった~(^^ゞ

近頃の出来事は・・・

海に行ったけど、めっちゃ人いるし、波も怖い~
ので、そそくさと上がって婦人部の撮影


A子ちゃん。


今日ゲットした板なのに、もうほぼ乗れじゃないっすか!?
さすが水泳の先生!
センスもガッツもあるね~


KYちゃん。
当たり前だけどうまい!
こうなりた~い!

で、夜は女子飲み会♪

一品持ち寄りで、私は手羽先(山ちゃん風)とトマトのわさびマリネとキュウリサラダ。
みんなは、ラタトゥイユ、ミートローフなどなど、めっちゃ豪華(゜Д゜)!!

ワインもシャンパンも飲んで、おいしい夜でした!
ありがとう!!

さて、台風がそろそろ発生したのか?しないのか?
打ち上げもどうやら天気がよくないらしく、延期になる可能性もありそうです。
どうか天気よ回復してくれ~~

ここで、営業休止のお知らせです。
6/9~6/23まで、宿泊含むすべての営業を休止いたします。
この期間はお電話、メールの対応もできませんので、
6/24からのご宿泊のご予約は、インターネットの予約サイトからご予約下さい。

ランチ、ディナー、ケーキのご予約は6/28以降とさせて頂きますので、ご了承下さい。
こちらも同様、6/23までは、お電話、メールの対応はできませんので24日以降でお願いいたします。

大変ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

サーフィン婦人部ムービー

どもども、しおりです。
本日、今年3度目の入水。

Uポイントの一番左の岩の場所が私はお気に入り~
で、REちゃんが『あっちのほうがいいよ~』と教えてくれてサーフィン婦人部のみんなのポイントへ移動。


大股広げて話し込んでる私(笑)

結局ほぼ乗れず、波をどんどんなくなってきてムリ~
最後の最後にようやく一本だけ、馬ポーズからの~立てました!!


みんなで記念撮影♪

その後はみんなで友悠のピザランチへ。

その時にSっちからK子さんに連絡が!
実は海に入ってるときにムービー撮っててくれたようで、まさかのBGM付きに編集してある!!
一番最後に馬ポーズから立ったのが私です(笑)
へたくそ~
でも撮ってくれてたなんて、うれし~!ありがとう!!

ぜひみんなも見てみて♪↓

初乗り!

どもども、しおりです。
今日は晴天の種子島。
とうとう今年初乗りしてきました!!

ちょっと早いけどできるよ~とラインが来たので、Uポイントへ行ってみると、
もうすでに海に人が結構いる~
急いで私も準備!


K子さんに撮ってもらいましたー!

サーフィン婦人部の数名メンバーで入ったけど、みんな人が居る真ん中の方へ行ったので、
私は避けられないし、人にぶつかるのが怖い~
ので、一人岩の方の端っこで特訓!

板もダーリンのお下がりのファンボードにもどり、乗れるかな~と思ってたら、意外と乗れる!!

途中でK子さんが見に来てくれて、


バッチリ写真撮ってくれたー!
わーーい!

その後、おひさまコーヒーでランチ♪
Mさんが陸から私の乗ったところを連写で撮ってくれてた!!


わーーい!
メッチャ気持ちよかったー!

今日は私はたまたまいい位置にいたようで、たくさん乗れました!

後半はだんだんイマイチになってきて、パドルしてもしても波に乗り切れなかった~
明日も晴れるから海に行~こうっと♪

ではでは!

登山家、栗城史多。

どもども、しおりです。
たった今驚きのニュースを目にしました。
登山家、栗城史多がエベレスト下山中に死亡。

実は栗城とは地元が一緒で、中学、高校の後輩です。
学校では話したことはなかったし、存在すら知らなかったけど、
彼と私の友達が交際してたので、友達から彼氏だよ~と紹介された日を今でも覚えてます。
私より2個も年下で、当時高校生の彼はまだまだ子供っぽかった。
『年下とは言え男なんだからしっかり彼女を頼むよ~』みたいなことを言った気がする。

まさかこんな立派な登山家になるとは思ってもみなかった。
特にダーリンは、結構前から『この人すげーよ!!』と言って動画を見ていて、
『その子後輩だよ~』と私が言うと、かなり興奮してた。
彼の登ってる姿は、本当に苦しそうで、見てると大丈夫?大丈夫?となってしまう。
無酸素だから苦しいのは当然なんだけど、登山と縁のない私からしたら、
山を登るだけで苦しいのに、無酸素でしかも一人なんて・・・
すごい選択をするなと思った。

単独・無酸素でたくさんの山に登頂し、エベレストにも何度も挑戦。
エベレストで凍傷になり指9本失った時は、もう登山はムリなんだなと思ったけど、
彼はあきらめずに、まだ挑戦し続ける。

ホントすごい。
ホント尊敬。

心からご冥福をお祈りいたします。

↓彼のオフィシャルサイトより↓

否定という壁への挑戦

些細なきっかけから登山と出会い、一つ一つの山を登る中でいつしか海外登山に憧れはじめました。
大学3年の時に単独で念願の北米最高峰マッキンリー6194mに単独で向かおうとした時、
周りからの声は応援ではなく、否定の声ばかりでした。

その時間は一人で山にいる時よりも最も孤独な時であり、
目の前にまさに否定という壁がそびえ立ってました。

出発直前の空港で、父から電話で一言「信じてるよ」という言葉をかけてもらい、
僕は一歩踏み出すことができ、そして今の自分がいます。

最近は講演で学校や企業に行くと、
「失敗は悪。失敗が怖い。できない。だからやらない方がいい」という否定の壁をよく感じます。
否定という壁が多くなれば、挑戦だけではなく夢や目標を持たせない世界になってしまいます。

今まで山を登ってきて最も心に残っているのは、登頂した山よりも登ることができなかった山の方かもしれません。
それは決して苦い思い出としてではなく、自然の偉大さに触れ、謙虚さ、優しさを教えてくれました。
つまり、何かに挑戦するということは、成功・失敗、勝ち・負けを超えた世界が必ずあるということです。

しかし、挑戦そのものを否定してしまえば、成功も失敗も何も得ることはできません。
その否定という壁を冒険の世界を通して少しでも無くし、応援し合う世界に少しでも近づきたい。
その想いから、2009年からは「冒険の共有」という秋季エベレスト生中継・配信に挑戦してきました。

冒険の共有は、ただ登る姿を見せる登山でも、流行りの配信でもありません。
挑戦における、失敗と挫折を共有します。

なぜなら本当の挑戦は、失敗と挫折の連続だからです。

それを共有することで自分と同じように今、否定という壁に向かっている人、
見えない山を登る全ての人達の支えになり、自分の山登り(人生)を楽しめる人を増やしていく。

それが、僕が目指す頂の世界です。

冒険の世界では、自然における未踏や未開の地で己の限界に挑戦しますが、僕は人間社会も自然の一部と考えています。
自分の限界に挑戦しながらも、人間と社会が持つ心の壁を登ります。

ヒマラヤのような青い空の世界を目指して。

栗城史多

宇宙の町キャンプ!

どもども、しおりです。
今日はじめじめ暑くて、まもなく梅雨入りかな?

昨日の生涯学習の初級カメラ講座の生徒さんとお会いして、
頑張るぞー!と自分にも気合いを入れ、
今日は資料作り。

去年の反省を踏まえて色々考えなきゃね。

で、次男が保育園に行き、暇な長男。
ダーリンのおじさんおばさんから買ってもらったラジコンでご機嫌♪


前歯も抜けました。


遊んだ後はしっかり洗い、干してました!
おじさんおばさん、ありがとう!!

さて、島民はもちろん島外の皆さんもご注目!

今年も宇宙の町キャンプが行われます!
種子島と屋久島を楽しめちゃうキャンプ!
活動内容見ると、なんと楽しそう(゜Д゜)
九州最高峰『宮之浦岳』登山、シーカヤック体験、水ロケット制作、農業体験、五右衛門風呂体験などなど。

かわいい子には旅をさせろってね♪
ぜひ応募してみてね♪